Walk Slowly

仕事と育児とヒュッゲ

【金曜日のヒュッゲ】映画館というのはいかがですか?

ども、今日もゆっくり歩いてますか?すぎやまです。

東京はここ数日、天気がすぐれず肌寒い日が続いています。三寒四温というやつなんでしょうかね。こうして少しずつ春がやってくるのだと思うと、春はすぐそこに来ているのだなと感じます。

今日は1週間の中でも特別な日、そう金曜日です。私はお休みの土日ももちろん好きなんですが、それに負けないくらい金曜日の夜も好きです。夕飯のおかずやおつまみをちょっと増やしてささやかな贅沢を楽しんだり、家族でゆっくり過ごせるレストランに出かけたり。金曜日をどうやってすごそうかと、いつもワクワクしながら考えています。

今週はお肉を食べることが多かったので、今日は「海鮮丼」を作ろうかなと考えています。それから具だくさんの豚汁もいいですね。息子には好物のコロッケも用意しようかな?食べたら映画を観ようか、それとも息子とレゴで遊ぼうか、金曜日の夜は何でもできる、そんな気がするのです。

今の私のヒュッゲは家族中心ですけど、1人のヒュッゲも楽しいですよね。今日は3月1日ですから、1,000円で映画館で映画を観られるはずです。(と思って調べたら新宿ピカデリーは1,100円でした。映画の日って1,100円になったんでしょうか?)

個人的には『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督の最新作、『ファースト・マン』が気になっています。

www.firstman.jp

女性の方であれば今日から公開の『九月の恋と出会うまで』なんかも気になるのではないでしょうか。

wwws.warnerbros.co.jp

それからあえて明言は避けますが、埼玉出身の方であれば「あの映画」を観ない理由はないでしょう。実は私もながく埼玉で働いていたので気になっております。

映画を観るというのはとても有意義で良い時間ですよね。先日は嫁さんと一緒に『フォレスト・ガンプ』を観ました。嫁さんも次の仕事をどうしていこうか迷っている雰囲気だったので、ちょうど良い作品じゃないかと思ったんです。

観終わっての嫁さんの感想は「いい映画だったね」と満足そうな雰囲気。さまざまな苦難に翻弄されながらも、ひたむきに努力するフォレストの姿に何かを感じてもらえればうれしいなと思いました。

私自身も『フォレスト・ガンプ』は久しぶりに観たのですが、作品から受け取るメッセージは以前とかなり違った印象でした。私に息子が生まれたからでしょうか、フォレストが自分に息子がいたことを知ったシーン、特にフォレストが自分の息子の頭が悪くないか心配した場面では思わずグッとくるものを感じてしまいました。

それから1番印象に残ったのは、フォレストが奥さんのお墓の前で言ったセリフ。

「僕は分からない。ママが正しいのか、それかダン中尉が正しいのか。本当はみんなそれぞれ運命を持っているのか、それともみんな風に吹かれて漂っているだけのか。でも僕は両方だと思う。たぶん両方が同時に起きるんだと思うんだ。」

人生には時に運命としか思えないような出来事があり、時に気まぐれとしか思えないような出来事があります。未来は運命によって決まっているのか、それともただ偶然があるのみなのか、それは分かりません。たぶんフォレストの言う通り、その両方なのでしょう。

だからこそ私たちは確実な「今、ここ」に目を向けて、それを大切に生きていかねばならないのだと思います。そう、ずっと遠い未来の金曜日ではなく、今日の金曜日を楽しむべきなのです。さあ今日は何をして楽しみましょうか?ではまた!

Amazonプライム会員だと無料で観られました!