Walk Slowly

仕事と育児とヒュッゲ

あなたの通勤ルート、今日から毎日変えてみませんか?

f:id:ws-sugi:20190225104738j:plain

ども、ゆっくり歩いてますか?すぎやまです。

土日は息子に風邪をうつされたのか、体調不良でぐったりでした。おかげで予定していた勉強会にも行けず…それでも土曜は息子を鉄道博物館に連れていきましたけどね。私は365日ずっと父親。父親に休みはないのです…。

さて今日は「ルーティン」について、とりわけ通勤に関するお話です。月曜日といえば皆さん通勤にうんざりしてるんじゃないかと思ったので。今朝も東京は停電の影響で電車が運転中止になっていましたね。そこでこんなニュースを紹介したいと思います。

www.businessinsider.jp

2日連続で同じ通勤ルートを使わないというニューヨーク証券取引所の幹部、リューさんのお話。彼女は習慣を作らないことで、新しい人や景色に毎日出会う環境をなかば強制的に作り出しているそうです。

見落としがちですが、通勤ルートというのは意外といろいろな発見があるものなんですよね。私が会社員だったころは、駅の近くに美味しいケーキ屋さんがあったので、そこでよくロールケーキを買って帰っていました。

考えてみるとそのケーキ屋さんに出会えたのは通勤ルート上にそのお店があったからなんです。ということはリューさんのようにいろいろな通勤ルートを試せば、その分いろいろな出会いや発見があったかもしれません。

もちろん「忙しい朝に遠回りなんてありえない!」という方もいらっしゃると思います。では逆に"帰り道"にちょっと違ったルートで帰ってみるというのはどうですか?最近は駅ナカでもいろいろなお店がありますし、ちょっと知らない駅に降りてみて散策してみるのも、案外おもしろい発見があるかもしれません。

リューさんはこう言っています。

「できるだけ変化をもたせるように気を付けています。20年間、来る日も来る日も毎朝同じ電車に乗るようなことはありません」

「毎日同じルートを使っていたら、おかしくなりそう」

彼女にとっての最大のルーティンは「日常をルーティン化しないこと」のようですね。

考えてみると私は毎朝同じルートで息子を保育園に連れていっています。できるだけ最短の道を探して最短の時間で着くように。なのでちょっと反省をして、明日からはちょっと違う道を使ってみようと思いました。なにか思わぬ出会いがあるかもしれません。

大切なのは思わぬ出会いをただ待つのではなく、自分から出会いに行くことなんですよね。今日はそんなことを考えました。ではまた明日!