Walk Slowly

仕事と育児とヒュッゲ

カサカサ?プツプツ?しっかり対策したい子どもの乾燥肌

f:id:ws-sugi:20190201115649j:plain

ども、すぎやまです。今日から2月ですね!今年の節分は日曜日なので息子の通う保育園では、今日豆まきをするみたいです。

「1の日(2月1日)に鬼さん来るよ」と聞かされていた息子は、保育園につくと先生に「きょう、おにさんきますか?」と質問していました。果たしてどんなことになるのか今から楽しみです。きっと号泣するだろうなぁ。恐いものがあるっていうのは良いことだと思います。

さて東京は昨日、本当に久しぶりに雨が降りました。1月は傘をさした記憶がなかったくらいだったんですけどね。とはいえ今日はすっかり晴れておりまして、相変わらず乾燥した日々が続いています。マスクをしている人もまだまだ多いですね。

空気が乾燥していると気になるのが子どもの「肌あれ」ではないでしょうか。保育園に行くとほっぺがカサカサしている子どもを結構みかけます。子どもの肌って大人と比べるとバリア機能が低いので、すぐに荒れてしまうんですよね。

なので今回は我が家でやっている肌荒れ対策を紹介したいと思います。まだしばらく寒い日は続きますから、ぜひお子さんの肌をしっとりプルプルに保ってあげてください。

起きてからすること

まずは朝起きてから保育園に行くまでの注意点ですね。うちでは朝ごはんを食べ終わったら顔をキレイにふいてあげて、それから出かける前にクリームを顔に塗ってあげるようにしています。やっぱり外にいる間が一番乾燥しますからね。そのケアは大切です。

朝は忙しいのでさっと使えるポンプ式のクリームが便利だと思います。我が家ではビオレuの「うるおいミルク」を愛用中。サラッとしていて塗りやすいし、塗った後にベタベタした感じが無いのも使いやすいです。何よりポンプというのがGOOD。

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml

それからうちは保育園に行くまでは自転車を使ってるんですけど、晴れの日でも息子の座席のレインカバーはしっかり閉めるようにしています。朝は寒いですし、走っている時の風をあびると肌の水分がどんどん失われますからね。おかげでしっとりしたまま保育園に到着できています。

帰ってきてからお風呂まで

続いて保育園から帰ってきてからのケア。まず1番大切なのは部屋の湿度を50%前後でキープすることです。これは風邪予防にもなりますし、肌の乾燥も防ぐことができます。

それから次に大切なのがお風呂ですね。寒いのでついつい長く入りたくなってしまいますが、小さい子は長時間お風呂に入ると肌の油分が失われ、乾燥肌の原因になってしまいます。うちの息子はお風呂で遊ぶのが大好きでつい長湯をしてしまっていたんですが、そうするとあっという間に肌にプツプツができてしまいました。

お風呂は長くても30分までが良さそうです。そうしたところ、プツプツはすぐに治まってくれました。それから特別汚れていない限り、肌をゴシゴシ洗わないように気をつけています。子どもの肌は石鹸を手につけて撫でるように洗ってあげるだけで充分。特に肌が荒れている時ほど、優しくしてあげてください。荒れているならば石鹸は使わなくて良いと思います。

子どもの肌荒れが気になる方は、入浴時間と洗い方をぜひ見直してみてください。

お風呂上がりから寝るまで

お風呂上がりは肌のバリア機能が1番落ちてる瞬間。我が家ではパジャマを着せる前に全身にクリームを塗り塗りしてます。お風呂上がりの保湿は特に大切なので、ビオレよりもちょっと高価で保湿力の高そうなピジョンの「ベビーミルクローション うるおいプラス」を使っています。

ピジョン ベビーミルクローション うるおいプラス 300g

ピジョン ベビーミルクローション うるおいプラス 300g

こちらの方がドロっとしていて保湿力の高さを感じられますね。塗ってあげると朝になってもカサカサすることはありません。全身に使っていますが伸びがいいので1回の消費量は意外と少なく済みます。これ1本あれば1ヶ月は余裕で使えると思いますよ。

そして寝る時に気を使うのはもちろん寝室の湿度。我が家は寝る時、加湿機能付きの空気清浄機を「おやすみモード」にして付けたまま寝ます。こうすることで寝ている間も部屋の湿度が保たれますからね。そのおかげで朝起きて喉が痛いことも、肌が乾燥していることもありません。(ちなみに暖房は1〜2時間で切れるようにタイマー設定)

ということで我が家の乾燥肌対策を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。乾燥肌対策はそのまま風邪対策にもなりますから、しっかり取り組みたいですね。我が家はこの冬、誰も1度も風邪をひいていないので、このまま元気に春を迎えられればと思っています。ではまた明日!