Walk Slowly

仕事と育児とヒュッゲ

「ゆっくり」と生きること、働くことのススメ

ども、憂鬱になりがちな月曜日、ゆっくり歩いてますか?すぎやまです。

私はこの週末、土曜日は友人とフットサル、日曜日は家族でショッピングにでかけました。わりとアクティブな週末でしたね。友人たちも仕事やプレイベートで忙しいようで「ちょっと集まろうよ」と言ってもなかなか簡単に実現しないのは少し寂しい気がします。

学生の頃はあんなに簡単に集合できていたのに…。大人になるってそういうことなんでしょうか。やっとこさ集まるたびに「今度は温泉でもいこう」なんていつも話してるので、まるで『WOW WAR TONIGHT』だなと笑ってしまいました。この曲の歌詞って普遍性がありますよね。やっぱり名曲は時代を超えるのだと思います。

最近はなんだか時間の流れがとても速いように感じていて、ちょっと油断するとあっという間に1週間が終わってしまうような気がしています。私が速く進んでいるのか、あるいは取り残されているのか。「ゆっくり歩こう」と決めている私は、もしかしたらどこか取り残されているように感じているのかもしれません。そう、不安がないわけではないんです。

とはいえ、私が「ゆっくり」進んでいこうと決めたのはいくつか理由があります。1つは「急いでいると大切な今を見失ってしまうから」。急いでいるとどうしても先々のことを先回りして考えてしまうんですよね。そうすると自分は将来のために生きてしまって、大切な今が見えなくなってしまいます。私もそうやって家族のことが見えなくなってしまうことがありました。

それからもう1つは「何かを成し遂げるには粘り強くやり抜く必要があるから」です。これはベストセラーにもなった『やり抜く力 GRIT』という本に書かれていたこと。何かを成し遂げ成功を得るには、例えどんな挫折や失敗を経験したとしても、情熱をもって辛抱強くやり抜かねばなりません。1流になるために近道はなく、ただひたすらに愚直にやり抜かねばならないのです。

これなんかはブログが良い例かもしれません。はてなブログを見ていると嬉々としてPVや読者数を自慢している記事がありますよね。そういう記事は決して嫌いじゃないですけど、意味は全くないと思っています。その理由はブログでもっとも大切なのは「継続すること」だからです。

例えば開設1ヶ月で10万PVを得たブログがあったとしましょう。すごいですよね、きっとすごく面白い記事を書いたのでしょう。ただそのブログが半年で更新がなくなってしまえば、時間はかかるかもしれませんが私はそのブログを必ず追い抜くことができます。なぜなら私はブログを止めないからです。

世の中みんな「即効性」のものが大好き。「1週間で10キロ痩せる方法」「1ヶ月で100万円を稼ぐ裏技」とか、ネットを見てるとこんな広告は山ほどでてきます。ようするに行動に対してすぐに結果がほしいんですよね。ただ実際のところ、そんなおいしい話は世の中にはありません。

だから私は「ウサギと亀」じゃないですけど、亀になってゆっくりと歩いていくことにしました。このブログもゆっくりと続けていきます。すぐに結果は出ないですけどね。それでも、今の幸せに目を向け、できることを1歩1歩改善しながら続けていきたいと思うのです。ではまた明日!

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける