Walk Slowly

仕事と育児とヒュッゲ

政府が70歳就業の義務化を検討、私たちはいつまでどのように働くべきか

f:id:ws-sugi:20181128095800j:plain

ども、すぎやまです。昨日はめずらしく嫁さんが今の家事や育児の分担について話をしてきました。どうやら私が退職してから私の家事負担が増えているので、それで大丈夫なのかと心配してくれたみたいです。

そこで改めて今の家事や育児の分担について、お互いの役割や配分を確認しました。こうして話をするととてもスッキリしたので、例え同じ屋根の下で暮らす夫婦とはいえ、ちゃんと話し合うことは大切だなと思いました。言葉にしなければ分からないこともありますね。

さて今日は私たちの働き方を考える上でとても重要なニュースがありました。それは「70歳までの就業確保」を将来的に企業へ"義務化"することを政府が検討しているというものです。

www.jiji.com

現在の日本は年金支給が開始される年齢が65歳に引き上げられたことにより、企業は65歳までの雇用が義務化されたので、実質的な定年は65歳となっています。実質的なと書いたのは多くの企業は60歳を定年とし、60歳〜65歳までの期間を再雇用として雇用契約を結んでいるからです。

なので政府が「70歳までの就業確保の義務化」を検討するということは、つまるところ「年金支給を開始する年齢を70歳にします」と言っていることにほとんど等しいと感じます。記事の中でも高齢者の就業拡大を目指すのは、少子高齢化で「社会保障の費用が持たない」ことにあると、はっきり書かれていますしね。

もはや「老後」は無くなった

今の日本人が使う「老後」という言葉には「年金生活」というイメージが入っていると思うのですが、おそらく今の高齢者が過ごしているような年金生活を私たちはできなさそうです。今後数年で年金をもらえる年齢が70歳になるということは、今30代の私が70歳になる頃には年金がもらえるのは80歳くらいになってそうですしね。もうね、これは死ぬまで働きましょうってことですよね。

死ぬまで働くっていうことは「老後」という生き方は消滅するということです。生涯現役。若いうちにせっせと働いて、老後はゆっくりのんびり過ごそうなんて生き方はもう国が認めてくれないみたいです。今の日本が成長するためには、老人も立派な労働力ということなんですね。ほんとに世知辛い…。

労働と自分を一致させる

老後の安定した暮らしのために働くというのは、目的としてなんの意味も無くなってしまいました。だって文字通り死ぬまで働かないといけないんですから。つまり私たちには労働に対して新しい目標や目的が必要なのです。

もちろん「死ぬまで働かなくていいようにたくさん稼ぐ」というのも、目標としてはアリだと思います。ただどんなことが起こるか分からない今の世界で、将来どれくらいのお金が必要かを正確に算出するのはとても難しそうですよね。(もちろん何十億円も稼ぐなら別ですけど)

ここは素直に「どうせ死ぬまでやることなら自分が楽しめるようにやる」というのがいいんじゃないかなと思います。死ぬまで楽しくないことをするって、やっぱり辛いですからね。老後があった時代は仕事が辛くてもいいんですよ。「老後は好きなことをやろう」って思えるんですから。でも死ぬまで仕事するってなったら、やっぱり自分が上手くできたり楽しめたりするものじゃないと、ただただ辛いだけになってしまうと思うんですよね。

つまり、私たちは本当の意味で「自分に合った仕事」=「ライフワーク」を見つけることが、労働に対する最も大切な目標になるんじゃないかと思うんです。

今の仕事を辞めたら何をする?

「今の仕事は天職ですよ」そう言える自分を作ることが、仕事や人生の1つの目標になっていくと私は考えています。では、胸に手をあてて考えてみてください。「今の仕事ってどう?」今の仕事を会社を変えても続けたいのであれば、それは自分にとってフィットした仕事と言えるのかもしれません。逆に全く違うことをしたいと思うのであれば、自分と仕事がフィットしていないということでしょう。

仕事の種類というのは数えきれないほど多くあります。1度や2度の選択で自分にフィットしたものを見つけられる方が私は稀だと思います。時には自分の内面と向き合い、自分がしたい仕事について考えることが必要ではないでしょうか。かくいう私もまだまだ探し中の身なので、一緒に見つけていきたいですね。ではまた。

既にベストセラーになっていますが、寿命100年時代をどう生きるかということで参考になることが書かれています。もうちょっと深く考えてみたい方にはおすすめの1冊です。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)