Walk Slowly

仕事と育児とヒュッゲ

我が家の2歳児はこうして「トイレトレーニング」を完了しました

f:id:ws-sugi:20181015113407j:plain

ども。すっかり寒くなってきましたね。

すぎやまです。

子どもが生まれて2年も経ってくると、「そろそろ取り組まないとな」と思うのが「トイレトレーニング」ですよね。今回はうちの息子のトイレトレーニングが完了するまでの流れをまとめたので、うまくいっていない方やこれから取り組む方の参考になればと思います。

1. いきなり失敗からスタート

すぎやま家でも息子が2歳になったくらいのタイミングで「時が来たな」と思い、補助便座を購入してトイレに座らせてみることにしました。

結果から言うと大失敗でした。いきなりトイレに連れていかれ、便座に座らされた息子は「嫌だ!嫌だ!」と大号泣。しばらくはトイレに誘っても全くダメな状態になってしまいました。

まぁそうですよね。いきなり上手くいくはずがありません。それからしばらくは、私のトイレ中に息子が入ってきた際などに(子どもはなぜか親がトイレに入っていると訪問してくる生物。)、「ちょっと座ってみる?」と声をかけることにしました。

自分のトイレ中に子どもが入ってくる時というのは、トイレトレーニングにとっては結構チャンスです。「パパなにしてるの〜?」聞いてくるので、はっきりと「トイレでウンチしてるんだよ。ウンチはトイレでするんだよ」と教えてあげるのが良いと思います。(お食事中の方、すみません…)

2. シール作戦

最初に号泣されてしまってから、なかなかトイレに座るきっかけを作るのが難しくなってしまったので、嫁さんのアイデアでトイレの壁に厚紙を貼って、「シールコーナー」を作ってみることにしました。

子どもが好きそうなシール(息子の場合は電車のシールなど)を用意して、「トイレに座ってオシッコできたら、壁にシールを貼って良いよ」と言って誘い出すわけですね。要するに物で釣る作戦です。これは半分うまくいって半分失敗でした。

うまく行ったのは、トイレに座ってくれるようになったこと。失敗だったのは、トイレに座ってなくても「シール貼りたい!」となってしまい、「それはダメだよ」と伝えると「いじわる!」と駄々をこねられてしまったことです。

3. しばしの空白期間

シール作戦も空振りに終わった後はとりあえず毎日トイレに座らせることは諦め、「お!これはチャンスかな?」というタイミングが来た時にだけトイレに誘うようにしました。

やはり人間、毎日毎日やりたくないことをさせられたら嫌になっちゃいますからね。親としても嫌がる息子と毎日格闘していたら疲れ切ってしまいます。トイレ嫌いになられても困るので、しばらく息子のペースに合わせて見守ることにしました。

4. きっかけは「羞恥心」

息子のウンチのタイミングはだいたい同じで、夕飯を食べ終わって20時ごろになるとダイニングテーブルの下で踏ん張ります。最初は「パパ、テーブルの下でウンチするね!」と言うので(もちろんオムツに)、「はいよ〜がんばれよ〜」という感じだったのですが、ある時から「ウンチするから見ないでね!」と言うようになりました。

息子の中に自分がウンチをしている姿を見られるのが「恥ずかしい」という認識が生まれたようです。この時点で私は、息子が「ウンチは本当はトイレするものだ」ということを理解していると感じました。

そこで「見られたくないならトイレでしてみない?」と誘ってみると、気恥ずかしそうにトイレに行く決心をしてくれました。補助便座に座らせてあげると「パパは外で待ってて!」と言うので、「出たら教えてね」と言ってトイレのドアを閉めて待つことに。

しばらくすると「パパ、出たよ〜!」と元気が声が聞こえました。これには私も嫁さんも大喜び!「すごかったね〜!」とたくさん褒めてあげました。すると、本人もうれしかったのか「トイレでできたよ!」と大はしゃぎをしていました。

子どもの気持ちの成長に合わせる

1日も早く子どものトイレトレーニングを完了したいと願うのは、どの親も同じだと思います。(処理もいろいろと楽になりますし。)ただ、きちんとトイレトレーニングを完了するには、子どもの気持ちがそれに見合うだけ成長している必要があると感じました。

「大人はみんなトイレに行くのに、自分だけオムツにするのはおかしいな」という気持ちが子ども芽生えないうちは、いくらトイレについて説明をしても分かってもらうのは難しいと思います。

今回、息子は「恥ずかしさ」という表現で、自分がトイレについて理解していることを私に示してくれました。こうした心の変化を敏感に感じ取って、うまくトイレに行けるように導いてあげるのが親の役割のような気がします。

1度トイレでできた後は、2回目、3回目と難なくできるようになりました。今朝は「パパ、疲れちゃったからトイレでウンチしてくる」と自分からトイレに行きたいことを伝えてくれました。

素直にトイレに行きたいと言えないのは、やっぱり恥ずかしいからなのでしょうか。そんな息子に朝から笑わせてもらいました。

気を張らず、子どものペースに合わせてやっていきたいですね。

ではまた、ゆっくり歩いていきましょう。